top of page
cargolabo-img-27.jpg

最新情報

【最新業界ニュース】航空貨物の需要が強い理由とは?

ご存知のとおり、新型コロナウイルス感染症の影響により、旅客便の 90% が運休または減便されており、海外旅行を本格的に再開するかどうかは依然として不透明です。

新型コロナウイルスの感染拡大による世界的なロックダウンにより、航空会社の貨物輸送は一時的に停滞しましたが、今年に入ってから貨物量は停滞から回復しつつあり、高水準で推移しています。


好調な業績の要因は何ですか?

2020 年 9 月以降、中国、東南アジア、北米への自動車需要の増加に伴い、日本からの輸出が増加しています。

さらに、同年 11 月には世界的に海上コンテナ不足と港湾混雑が発生したため、航空輸送の需要が急増しました。

年明け以降、自動車、半導体、化学材料などの需要が好調で、昨年から続いた海上輸送の混乱から大型貨物が航空輸送に移行したことも要因の一つと考えられる。


航空貨物の旺盛な需要の要因を要約すると、次のとおりです。


  • 航空運賃の上昇

  • 援助物資、医薬品、新型コロナウイルス感染症ワクチンなどの緊急輸送ニーズの拡大

  • 燃料価格の大幅な下落

  • 海上輸送の混乱により航空輸送に移行

  • 貨物チャーター便などの需要の増加


2021年も昨年同様、年末に向けて貨物の動きが活発になるため、航空輸送の需要が増加すると推測されます。一方で、慢性的な貨物スペース不足、航空運賃の高騰、業務量の多さによる人手不足などの課題への対策が急務であると考えています。


コメント


bottom of page